ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯の湖


優勝

5月1日に待ちわびた湯の湖解禁に友人F氏と行って参りました。
これで、3年連続の解禁釣行になります。現地に到着したのは、AM0:30頃。
夜中のうちにチケットを購入しようと思いチケット売り場に向かったら、やってない… 今年から、前日PM11:00までと、朝のAM3:00からになってました。仕方なく、チケットは朝買うことにし、駐車場に車を止め場所取りに向かった。
場所は、毎年同じ終末処理場前にとり、とりあえずビールを飲んで、寝ることにした。 今年は、去年と違い暖かそうなのでかなりの釣果が期待できそうと思っている。 朝4時、チケットを購入し準備を始める。やはり朝は寒い。準備を終え花火が上がるのを待っている間にも寒くてしょうがない。
いくら暖かいとはいえ、やはり奥日光!ウエーダーを履いて水の中にいると凍えるほどの寒さ! 花火が上がり、スタート!みんな一斉にキャストする。
私は、オレンジのスプーンで始めた。そして2投目にしてHIT!20cm位のニジマス。簡単に手元まで持って来たが、 ネットに入れる直前に痛恨のバラシ!何か不吉な予感が…。そんな事を尻目に友人F氏は、調子よく釣り上げている。友人F氏は赤のスプーンで釣っているので、私も赤にスイッチ。
ところが、私は全然当たりも来ない。友人F氏は30分程度で5匹を釣り上げ俺にプレッシャーを与える。私は最初にバラして以来あたりすら無い状態!解禁日でこんなに釣れないのは始めての事である。
そのまま、2時間が経ち寒さに絶えられなくなり、とりあえず岸にあがって休憩を。缶コーヒーを買いに行き、体を温める。 太陽も昇ってきて、徐々に日が差してきた。
それからも、アタリも無い時間がずっと続き飽き始め、ベイトロッドでクランクを投げていたら、 突然アタリが!ベイトロッドなので簡単に引き寄せる事が出来る。近くに来ると、40センチぐらいの魚が見える。ニジマスかなぁと思いちょっとがっかりして上げて見ると、ニジマスではなく、ブルックトラウト(カワマス)! これは、優勝できるか!?とか思いそれからはウキウキ気分だったが、その後もあたりも無く結局この1匹で終了…。
12:00から検量なので、帰る準備をして検量に釣り上げたブルックトラウトを持っていく事に。 40センチぐらいで優勝できるのか?と不安に思いながら検量所に持っていくと、みんなから『凄いデカイ!』『何で釣った?』とか質問されながら順番待ち。この言葉を聞いて40cm位で充分通用すると思い安心した。
ついに私の番が。ブルックを出すと、検量のお兄さん?が『これは凄い!優勝候補だよ』って言ったので、今年はいける!と確信した。 去年はあと5ミリの差で入賞を逃がしている雪辱を晴らせる!
(去年は58センチのニジマスだった。5位が58.5センチ) と思い、帰る用意を始めてPM1:00からの表彰式に。最初の挨拶で、『今年は大型のヒメマスとブルックが上がってます』って言葉に、ひょっとして優勝は無理?と思いながら期待と不安が交錯する。
ニジマスの部、ヒメマスの部と表彰式が終わり、とうとうカワマスの部。優勝は…私の名前が呼ばれた!トロフィーを貰い記念撮影へ。 これで、去年の雪辱を果たせた。
今日は1匹と言う釣果に満足ではないが、その1匹が優勝サイズという珍しいケース?だった。毎年20匹ぐらいは釣れていたのに残念である。 次は、ホンマスを釣りたいと思う。サマーフェスタに参加をディフェンディングチャンピオンとして参加しようか考えています。


湯の湖はこちらから 優勝のブルックトラウト(カワマス)優勝トロフィー