ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯の湖


湯の湖2007解禁

5月1日。今年もこの季節がやってきました。今年で6年連続の解禁釣行。アンケートに答えると貰える記念ピンズも、6種類となりました。
ここ数年の解禁日は散々な結果となっているので、今年こそはと意気込んで友人F氏と行って参りました。
今回のタックルは、ロッド:パームス Flame FGS−500。 リール:チームダイワX 2004c。 ラインはGT-Rピンク3ポンドをセット。
2本目は、ロッド:ハートランドZ ハマスピニングSP。 リール;チームダイワZ 2506c。 ラインはGT-Rピンク4ポンド。

今回は、いつもより少し早い出発で、現地到着は0:00ごろ。現地に着くといつもより人が少ないのか、駐車場の車が少ない。
車を停め、場所取りに出発。いつもは終末処理場前に場所を取るのだが、ここ数年の釣果が悪い為、いつもよりレストハウスよりに場所を取った。地図上では、白根沢前と終末処理場前の間くらいです。
場所取りも終わった為、ビールを飲んで就寝。朝4時に起きてチケットを購入に行くと、女性の方が漁協組合の方達に文句を言っている。チケットを購入する時に聞いてみると、どうやら場所取りの件でもめているらしい。組合の人も大変だなと思いチケットを購入。
湯の湖風景 チケットを購入し、車まで戻ってくると既に4:30。急いで用意を済ませて、場所を取ってあるポイントに移動。ポイントに付いたのは4:50ごろ。まだルアーのセットもしていないので、ルアーをセットし花火が上がるのを待つ。
やっと花火が上がり、まずは1投。ルアーはスピナーをセット。1投目ではアタリも無く、続けて2投目。すると早速アタリが!合わせて巻いてくると、痛恨のバラシ。1回目のアタリでバラシとは先行き不安である。
気を取り直して続けて投げる。するとまたアタリが!しかしフッキングまで持っていけず…朝のアタリが多数あるうちに釣っておかないとボウズの可能性もあるので早いうちに1匹目を釣り上げたいのだが、なかなかうまくはいかない。
その後も投げるたびにアタリはあるのだが、フッキングしないのが殆どで、たまにフッキングするとバラシという最悪の結果。そんな中、今までアタリも無かった友人F氏にも待望のアタリが!友人F氏は、見事にフッキングまで持って行き、1匹目GET。サイズは35センチくらいのニジマス。
このままではまずいと思い、タックルチェンジ。今度は、ワカサギカラーのミノーにチェンジ。このワカサギミノーが大ハズレ。まったくアタリもなくなってしまった。
次は、3gのスプーンを使用。これでやっとアタリが戻ってきたが、やはりフッキングまで持っていけない。活性が悪いのか俺の腕が悪いのか…
水中撮影 数投すると、待望のHIT!!上げてみると30センチのニジマス。とうとう先日購入したデジカメの威力を発揮する時が来ました。購入したのは、水中撮影が出来るモデル。オリンパスのμ770swというやつです。以前デジカメを水中に落として壊しているだけに、防水のやつを購入しようと思って見ていたら、 水中撮影が出来る書いてあったので購入。なんと防水10mの性能です。これなら水に落として壊す事も無いですね。友人F氏のニジマスと並んで記念撮影。しかしこの写真を撮るのも苦労しました。水中にカメラを入れて撮影している為、液晶画面を見ることが出来ない。どう撮れているのか分からないのです。何度も撮り直しました。
その後はまったくアタリも無くなり、徐々に風も出て来て釣り辛くなって来たので、少しコーヒーブレイク。
この時点で、AM7:00ごろ。その後も釣り始めるが、まったくアタリも無い状態。風も強くなり、寒さも倍増しヤル気もなくなってくる。そんな時に、友人F氏にHIT!30センチのニジマスを釣り上げやっと2匹目。
その後まったく釣れなくなり、AM9:00ごろに終了。お腹が空いていたのと、寒さで耐えられないのでレストハウスでラーメンを食べて帰ることに。
今日の釣果は俺がニジマス1匹。友人F氏がニジマス2匹と話にならない状態。昔は結構釣れていたのだが、ここ数年はさっぱり。何故でしょう?帰り際、友人S氏は湯川に行っているので、電話で状況を聞くと、爆釣だそうです。連休中に今度は湯川行ってきます。


湯の湖 湯川はこちらから
湯の湖の景色 友人S氏と私のニジマス