ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


湯川初釣行

5月4日。湯の湖解禁釣行の悔しさが、まだ残る中の釣行。
湯の湖の散々な釣果のリベンジを果たすべく、今度は湯川に釣行。湯川は私にとって初めてなので、楽しみです。
今回は、湯の湖解禁の時に同行できなかった、会社のS氏との釣行。S氏は湯川に何度も来た事があるので、心強い。
今回のタックルは、ロッド:ハートランドZ タランチュラ。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインはGT-Rピンク5ポンドをセット。

今回は、朝はまだ寒いと思い出発は、7時半に家を出発。現地に着いたのは、9時半である。
さすがにゴールデンウィークだけあって、観光地の日光は混雑。赤沼の駐車場は大混雑だったので、湯滝駐車場に車を停めて、湯滝から釣り下る事に。
渓流などは、釣りながら上って行くのがセオリーだが(上流に人が入ると、下流に居る魚にプレッシャーを与えてしまう為)、湯川はそんな心配は無い。
ちなみに、湯滝駐車場は有料です。普通車420円です。早速用意をして思ったのが、暑い(^^ゞ。ネオプレーンのウェーダーは失敗しました。 これは、汗だくになってしまいそうです。とりあえず準備を済ませレストハウスでチケット購入。(2000円)湯川は全面キャッチアンドリリースです。
とりあえず、湯滝下に入りたかったが、先客が居る為断念。しかし、観光客が多いのにはビックリです。釣りをしているのが恥ずかしいくらいです。 湯川は、川沿いに遊歩道が有る為に大量の観光客が見ているのです。観光客も多いが、釣人も多いのでなかなか入れるところが限定されてしまう。 入れるところを探しながら釣り下って行くが、なかなか魚の姿が見当たらない。水も少なく濁りも多いので難しいかな?と思いながら釣り下っていく。
途中、小滝や、S氏が去年釣った実績あるポイントも当たりすらない。しかし、景色は絶品ですね。ここは本当に栃木県?と思うような素晴らしい景色です。 釣れなくてもこの景色の中で釣が出来るのは最高です。
途中、一部禁漁区間があるので、そこは遊歩道を歩いて釣が出来る区間まで移動。他の渓流と違って遊歩道が有るので歩くのは少し楽ですね。 しかし、まったく釣れる予感がしない。途中で釣り人に話を聞いても、まったくダメみたいです。
ブルックトラウト 結局、青木橋までアタリも無い状態で到着。 青木橋の少し上流で釣っていると、待望のアタリが!!20センチくらいのブルック。久々にブルックちゃんとの対面である。 湯川はキャッチアンドリリースになってから放流はしていないので、ネイティヴのブルックです。
ここのポイントはブルックが溜まっているらしく、ルアーを追ってくる姿を多数目撃!俄然ヤル気が出てくる。しかし、なかなかフッキングまでは至らず時間だけが過ぎて行く。 その後何投かしたら、またアタリがあり、今度はしっかりフックング。今度は15センチくらいのブルック。
結局、その後は釣れず、青木橋で休憩。ここでUターンする事になり、今度は釣ながら上る。この時点で午後の1時である。
しかし、5月でこの気温は思ってもみませんでした。水温も12℃もあり、この時期にしては高い。既に汗だくとなり、パンツまで汗で濡れている。やはりネオプレーンではなく、 ゴアテックスのウェーダーを持って来れば良かったです。湖の釣と違い水に入りっぱなしでは無く、釣歩くので非常に暑い。
青木橋より300メートル位の上流で、またアタリが!今度は、10センチ位のブルックの稚魚。その後、もう一匹このポイントで釣り上げ、この時点で合計4匹。
もう、ずいぶん歩いたので疲れもピーク。階段などでは脚を上げるのが精一杯の状態。こんな状態なので、後は遊歩道を通って帰る事に。
最後に、湯滝でやる事になり湯滝まで遊歩道を歩く。湯滝に到着したが、やはり人が入っていて釣ることが出来ず、少し下流でやる事に。 しかし、アタリも無くこれで終了。結局約4時くらいになってしまった。
レストハウスでかなり遅い昼食タイム。ここは観光地なのにかなり安いので良心的。カツカレー800円!!量も決して少なくないし、不味くない。お勧めですね。 あと、ソフトクリームの種類が凄い!!ここは31アイスクリームかと思うくらい。何と28種類。玄米味や、八丁味噌味など注文するのに勇気がいるのもあります。 チャレンジャーな方は食べてみては?
結局、湯滝を出発したのは4時半を回った頃。帰りは当然のように渋滞にハマりました。
釣果はブルック4匹で決して満足いく釣果ではありませんが、大自然の中の釣行は釣果など気にならなくなる位楽しめます。


湯の湖 湯川はこちらから
栃木県とは思えない景色 ブルックトラウト