ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


湯川2007初釣行

5月4日。今日は、このところ毎年不調の、湯の湖解禁の鬱憤を晴らす為に友人K氏と、今年初の湯川釣行に行ってきました。
3日前に解禁となった湯川の現状はどのような感じか楽しみです。
今回のタックルは、ロッド:パームス Flame FGS−500。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインは4ポンドをセット。

今回は、解禁直後とGW真最中なので少し早めの出発。友人K氏宅を出たのはAM4:30頃。途中コンビニなどに寄って、戦場ヶ原の赤沼茶屋に到着はAM6:00頃。今回は解禁直後なので、まだ下の方には魚は居ないと判断し釣り下る事に。 湯滝レストハウスはAM7:00からなので、赤沼茶屋でチケットを購入し湯滝駐車場へ。用意を済ませいざ出発。この時点でAM7:00
運良く湯滝には人が入っていなかったので、湯滝の滝壺でスタート。
まず、フライマンの友人K氏がキャスト。すると1投目からHIT!22センチのブルックを釣り上げる。友人K氏がランディングし、写真撮影している間に私もキャスト。すると私のも1投目でHIT!
私のは20センチのブルック。今年初のブルックを釣り上げ記念撮影。
湯滝 滝壺から撮影 湯滝の滝壺で1投目から釣れたのは良いが、後が続かない。なので、滝壺から滝を撮影。この大きさの滝を滝壺から撮れるなんて良いですね。でも思ったより迫力が無い。
そんな訳で場所移動。釣り下っていくが、なかなかアタリも無い状態。さすがに解禁から3日も経つと擦れてしまうのか?やはりキャッチ&リリースだから魚も賢くなるのだろう。 途中すれ違うルアーマンの方も、全然ダメって言ってましたが、本当にアタリも無いのです。フライマンの友人K氏も厳しい様子。
そんな訳でヤル気のあるブルックを探すべく、どんどん下っていく。そして小滝の少し上流で、待望のHIT!20センチのブルック。なかなか綺麗なブルックでした。ここでまた防水デジカメで水中撮影。前回の日記にも書いたが、この水中撮影が難しいのである。この時点で、AM10:00である。 次は毎回つれている小滝に行く事に。
しかし先客が…仕方なく小滝は諦め、どんどん釣り下っていく。携帯で友人K氏に連絡すると、まだ上流の方で粘っているみたいなので、一人でどんどん下っていく。
そして遂に青木橋まで到着。この時点で12:00です。午前中で2匹とは思わぬ苦戦。まぁ去年もこんなものか?と考えながら、去年の実績ある青木橋の少し上流に入る事に。ここではルアーを追ってくる姿はあるが、なかなか咥えずUターンしてしまう。
ここでルアーチェンジ。白のスプーンにすると見事HIT!今度はサイズUPの25センチのブルック。これも記念撮影と思い色々ポーズを決めていたら、なんと!逃げてしまった。せっかくの良型が…
ブルックトラウト もともと青木橋でUターンの予定だったので、今度は釣り上がって行く事に。そして、少し上がった場所でまたHIT!やはり青木橋周辺は私にとって最高の場所である。
更にまた少し上流で立て続けのHIT!しかし、1箇所で1匹しか釣れない。しかも一度見切られてしまった場所では、2度と追って来ない状態。非常に学習能力が高いと感じました。
魚の大きさは、去年に比べ平均的に大きくなったと思いますが、30センチクラスが出て来ない。釣れるのは20センチ前後です。この時点で私は5匹釣り、友人K氏に連絡すると、まだ小滝にも着いてないと言っていて、釣果はまだ3匹。
私は釣り上がるので、小滝で落ち合う事になりどんどん釣り上がっていくが、アタリも無い状態。追っては来るが口を使ってくれない状態。
そして小滝に到着。小滝には人が入って居なかったので、友人K氏と入る事に。しかしまったく釣れない。やはり擦れてしまったのだろう。PM2:00になったので、帰り道に。
途中で、良さそうなポイントに入ったがそこでも釣れず、とうとう湯滝に到着。湯滝が空いていればやろうと思っていたが、先客が居るので湯滝から1番目のカーブのところで釣っていると、待望のHIT!最後に20センチ前後のブルックを釣って納竿。
私の釣果は6匹、友人K氏は3匹という結果。今回は、あまり魚の写真が撮れなかったのが残念です。水中撮影しようと思うといつもフックが外れて逃げてしまいます。バーブレスフックを使っているので仕方ない。何か水中撮影が簡単に出来る方法を考えないといけませんね。
今回のHITルアー
シルバー/ブルーのスピナー:1匹  ブラックのスピナー:1匹  白のスプーン:4匹


湯の湖 湯川はこちらから
水中撮影 水中撮影その2