ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


湯川釣り収め

9月16日。今日は、今年も残りわずかな期間となった湯川に釣りに行って来ました。
今年はこれが最後の湯川となるので、納得出来る釣りをしようと思います。
今回のタックルは、いつものタランチュラは折れてしまったので、ロッド:シマノ 5’6”のウルトラライト。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインはGT-Rピンク3ポンドをセット。

今回は、雲行もあやしくちょっと寒いと思ったので、自宅を5時に出発。
まだ5時は暗いのですね。それに寒い!すっかり夏は終わってしまった感じです。さすがに9月ですね。
自宅を出発し、同行するS氏の自宅に迎えに行き、地元を出発するころには5時半位になってました。
前回は、湯滝から下ったので今回は、赤沼茶屋から上ることにしました。現地に到着は、6時半位に到着。途中で雨が降り始めましたが、中禅寺湖より上は道路も濡れた様子もなく、雨も降っていないので安心しました。
でもさすがは奥日光。寒いです。今回の服装ではちょっと薄着かな?と思いましたが、歩くので大丈夫だろう。
雨が降って無いのは良かったですが、どんよりした天候でした。
湯川ホームページの監視日記で下流部の方が釣果が高かったと書いてあったので、下流部の人がいつもより多い気がする。
早速、人が入ってない所でスタート。しかしアタリも無く移動することに。川沿いをラン&ガンで攻めていく。もともと、私はバサーだったので、ピンポイントで狙った場所にルアーを入れて釣れなかったら、すぐに違うポイントにといったスタイルなのです。
湯川の景色 やる気のある魚を効率よく釣るのは、この方法が一番。何度も同じ場所に投げていれば、魚も警戒してしまい効率が悪い。やる気の有る魚は1投目からアタックしてくるので、そういう魚しか狙いません。
そんな感じで、S氏を置いて一人でどんどん釣り上がって行くが、釣れない。
魚が追ってくる姿は目撃できるのだが、10センチくらいの稚魚か、成魚でも途中で引き返してしまう。
しかし、この時期になると水草が凄くてルアーだと使いづらいですね。川の半分以上が水草で覆われていて、ルアーが引っ掛かります。しかし、その水草の間にブルックが居るのです。
なので、水草の切れ目をトレースしてくれば、水草の中から魚が出て来るのですが…フッキングまで持っていけない。
そんな状態が続き、S氏と相談し一気に青木橋まで行くことに。
途中、遊歩道から川が離れてしまう為、どちらにしても釣りはしません。出来なくは無いのですが、ブッシュの中を掻き分けながら進むようなので、行きたくないです。
とうとう青木橋に到着。この時点で、9時ごろに。どちらにしてもお昼位で帰る予定なので、青木橋で釣れなかったらボウズも覚悟しました。
過去に実績のあるポイントも、まったく釣れない。川の水が減水していて、生息場所が変わってしまったのか?
ここ連日、雨が降っていたにもかかわらず、なぜ減水?と思いますが、昔から降水量とは関係ない川みたいですね。水が澄んでいたのは良かったです。
青木橋の少し上流域に最初に入り、ルアーを赤にチェンジ。
こういう倒木の下に良型のブルックが居ます このルアーチェンジが当たり、やっと15センチのブルックを釣り上げる。
これで、ボウズは無くなったと一安心。その後、その周辺を攻めてみるがフッキングまで持っていけないアタリが多数。
稚魚が果敢にアタックしてくるが、そんな小さいのは釣っても仕方が無い。
今度は、青木橋に釣りながら戻ることにし、釣り下る。
青木橋の少し上流部はかなりクネクネしているので、まっすぐ陸地を歩けば近いのですが、川沿いのブッシュの中を歩く。
その甲斐あって、ブルックが潜んでそうなポイントを発見。早速、キャスティング。
すると、一投目からガツンとアタリが!!これは良型か?と思い姿を確認。やはり良いサイズでした。
上げて見ると、30センチ前後の良型のブルック。このところ、来る度に30センチ前後の良型ブルックを釣っていますね。
これで、今日も十分満足な釣果となりました。数は2匹ですが、湯川ではなかなかお目に掛かれない30センチクラスを釣れば、私的には十分です。
その後も、少しやったがやはり釣れず、S氏と相談し帰りながら釣り下ることに。
帰りながら、目ぼしいポイントに入って釣りましたが、結局釣れず仕舞。
ここで終了。下から釣り上がる場合は、ウェーダーが汚くなりますね。下の方は湿地帯なので、泥だらけになる場合も。
上流部は、山の中なので岩場が多いので汚れることは余りありません。
今年ラストの湯川釣行で2匹と数は満足できませんが、サイズ的には満足です。来年まで来れないのが残念です。


湯の湖 湯川はこちらから
15センチブルック 30センチブルック