ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


約2ヶ月ぶり

7月15日。今日は、約2ヶ月ぶりの釣行日記更新のために湯川に行って来ました。
今回は会社のS氏と釣行。素晴らしい景色とキレイなブルックにもう一度会いたくて湯川にしました。
今回のタックルは、ロッド:ハートランドZ タランチュラ。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインはGT-Rピンク3ポンドをセット。

今回は、イブニングの湯川を楽しむ為に、お昼ちょっと過ぎに自宅を出発。
さすがに朝早く起きるのは辛い。今回は、お昼に出発なので、ゆっくり寝ることが出来ました。赤沼茶屋の駐車場に到着は、PM2時頃の到着。着いた時はどんよりした雲行きで雨が心配ですが、とりあえず釣りの支度を始める。
用意が終わり、駐車場から湯川まで歩いていると、トレッキングを楽しむ人達がクマを見たと言っていました。ちょっと興味半分、不安もありますが、多数の人がトレッキングを楽しんでいるので近くまで寄ってくることは無いだろうと思います。
梅雨のこの時期で川の増水や、濁りが心配でしたが、思ったほど増水も濁りも無くキレイでした。 赤沼茶屋から湯川に入り、少し行った所で釣行開始。
とりあえず、状況を見ながら釣り上がる事に。最初は晴れていて少し暑いぐらいの天気で、日中のこの時間帯ではなかなか厳しいかと思いましたが、早速アタリが!しかし上げて見ると、ウグイ?なのか良く分らない魚が…。今日の一匹目は外道が釣れてしまいました。湯川ではブルック以外を釣る方が難しいのでは?と思いながら仕切りなおし。 次のポイントに移動後、すかさずアタリが!今度はブルックと姿を確認し、ランディングに入る。しかし!痛恨のバラシ!
やはり最初に外道を釣ってしまったからか?まぁ悔やんでも仕方が無いので、次に。適当に遊歩道を歩きながら、良さそうなポイントを探して歩きます。しかし、最初以降どこに入ってもまったく釣れず、アタリすらない。
やっと釣れたブルック やはり最初の一匹をバラシたのは痛い。倒木など多数あり、良さそうなポイントはたくさん有るが、そこから出てきてくれない。開始から1時間くらい経過した頃、とうとうアタリが!上げてみると、15センチくらいのブルック。やっと手に入れた一匹目。これでボウズは無くなったので一安心。 その後雨が降り始め、最初はポツリポツリだったが、徐々にどしゃ降りに。どしゃ降りでも、ゴアテックスウエーダー&ゴアテックスのジャケットなので、それほど不快感は無く釣が出来ます。
雨の中釣り続けたが、まったく釣れず。釣りながら川を上っていく。
そのうち、雨も止みルアーをミノーにスイッチ。倒木の横を通る様に泳がしてくると、果敢にアタックしてくるブルックを発見!しかし見切られてしまい残念と思っていると、また倒木の下から2匹目がアタック開始。今度は見事にフッキング。 上げて見ると、見事な30cmの良型のブルック。そこそこ体高もあり、良い型ののブルックである。やはり良型のブルックは倒木の下に隠れているのだろう。しかもスプーンよりミノーだろう。しかし、湯川でミノーは使いづらいです。 倒木が多数あり、水面にも水草が生い茂っている為、根掛りする可能性が非常に高いです。ルアーロストは覚悟した方がいいだろう。
これで、いつ帰っても十分な釣果となりました。
その後も同じポイントで粘ったが、その後はアタリも無く次のポイントに。
次のポイントに入り、また倒木のところにキャスティング。ロッドが凄いのか?俺の腕が凄いのかイヤらしいところに見事に入る。狙い通りにキャスティングが決まり、見事にフッキングまで持っていく。やはり狙ったところに投げて釣れると嬉しいですね。しかし15cmのブルック。
徐々に、調子が出て来たと思いしばらくやってみるが、続かないのが残念。
既にPM5:30になり薄暗くなり始める。次のポイントは青木橋に直行と言う事になり、青木橋に。
良型のブルック 青木橋に到着後、少し休憩し釣行開始。まず青木橋のすぐ下で釣り始める。橋げたのすぐ隣をトレースしたら、すかさずアタリが!合わせると一気に引き抜ける。何と10cmのブルック。こんな小さいブルックでも果敢にアタックしてくるとは…恐るべし。
その後、実績のあるポイント。青木橋の少し上流に移動。
これが、見事に的中。着水と同時くらいにアタリが!なかなかの引きだが、上げて見ると20cmのブルック。
その後もこのポイントでは、投げる度に釣れる状態。ブルックは一箇所に溜まる習性があるのだろう。
溜まっている場所を見つけることが出来れば入れ食い状態を味わえます。しかし30cmを超える様なのは釣れず、15cm〜20cmくらい。 大物は倒木の下に隠れているのだろう。
このポイントでは、十分楽しめることが出来た。時計を見ると既にPM6:30。辺りも薄暗くなってきたので、これで納竿。イブニングになればライズが凄いと思っていたのだが、ライズはたまにある位で殆ど無い感じ。 やはり晴れて暑い日の夕方の方が良いかも知れませんね。
帰る時は、釣ることはしないで真直ぐ駐車場目指して歩く。夕方になると、歩いている人も居なくなり寂しい感じですね。 人の変わりに鹿が凄いです。至る所に鹿、鹿、鹿です。しかもかなり近くに!人に慣れているのでしょう。近づいても逃げる気配は無く、餌を欲しそうにこちらを見ている。今日は昼間も鹿の姿を多数見ましたが、夕方はもっと凄い事になってます。
来た時に話していたクマは発見出来ませんでしたが、遭遇しない方が良いので、良かったです。
駐車場までもう少しという所で、雷が!こちらはカーボンロッドなので危険ですよね。雨も強くなり始めた頃にやっと駐車場に到着。
到着した頃には、雨のせいもあり真っ暗でどしゃ降りに。しかも雷もなっていて、もう少し遅かったらヤバイところでしたね。
今日も素晴らしい景色と、キレイなブルックが釣れ十分楽しめました。朝からじゃなくても十分楽しめました。


湯の湖 湯川はこちらから
鹿が多数居ました