ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


湯川再挑戦

5月21日。今日は、ゴールデンウィーク以来となる釣り。
今回の釣行は湯川に会社のS氏と釣行。前回初めて湯川に来て以来、素晴らしい景色とキレイなブルックにもう一度会いたくて湯川にしました。
今回のタックルは、ロッド:ハートランドZ タランチュラ。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインはGT-Rピンク3ポンドをセット。

今回は、前回の釣行での教訓を生かし、ゴアテックスのウェーダーとジャケット。中はTシャツ1枚と薄着。
しかし、朝は思ったより寒い。今回は、朝5時過ぎに家を出発で、赤沼駐車場到着は朝の6時半。
今回は、下流に駐車し釣りながら上がる事に。前回は、青木橋でUターンだったので、青木橋から下は始めてである。
赤沼のレストハウスでチケットを購入し、最近の湯川状況を聞いてみると、まだ下の方では釣れず上の方に魚が溜まっているとの事。 その話が本当なら、下から上がる今回は厳しい釣果になるか?
とりあえず、状況を見ながら釣り上がる事に。最初は良いポイントを探しながら釣り上がるも、アタリすらない。前日の雨のせいなのか?川の濁りが凄い。 川の底が見えないくらいの濁り。この濁りでは釣りは厳しいと判断し、下流は諦め青木橋まで一気に歩く事に。途中、素晴らしい景色を写真に収めながら青木橋に到着。
景色は絶品 青木橋の少し上流は、前回で釣っている実績のあるポイント。しかし、ここまで来ても濁りが凄い。前回と同じポイントでとりあえず釣り始める。 まずは、1投目。しかし!木に引っ掛かりルアーロスト。気を取り直して2投目。しかし!また木に引っ掛かり2個目のルアーロスト。このポイントについて5分は経とうかというのに、未だに着水すらしていない。
なぜ引っ掛けてばかりかと言うと、今日は風が少しあり、たまに強めの風が吹いているのだ。湯川は多数の倒木があるので、引っ掛かる事が非常に多い。
さすがに3投目は考えて投げてやっと着水。しかし何投かしても、アタリも、アタックしてくる様子も無い。前回は活性が高くルアーを追いかけてくる姿を多数目撃出来たが、今回はまったく無い。 少しずつ上流に向かいながら釣り上がっていくと、前回の釣ったポイント2つの丁度真ん中辺りで、ルアーを追って来る姿が!!
ここでは、投げる度にルアーを追って来る姿があるが、ルアーを軽く触る程度でなかなか完全に銜えてくれないので、そこでルアー変更。シルバーのスプーンから白のスプーンに。
水の濁りが酷いので、白のスプーンは非常に目立つ。その変更が見事に的中!!
白に変えた途端に魚がしっかりフッキングする様になった。
まず、1匹目は20センチのブルック。その後も、15センチのブルックを続けてHIT!!
これは調子が良いな〜なんて思っていたが、後が続かない。また追っては来るが途中で見切られてしまい、なかなか釣れない。
ブルックトラウト このポイントでしばらく粘ってみたが、やはり同じ状態で追って来るだけで食べてくれない。
このポイントは諦め、更に上流に行く事に。途中に禁漁区間があるので、小田代橋まで一気に行く事にし、そこまで遊歩道を歩く。
今回は、前回と違いゴアテックスを履いているので、ウェーダーの中は快適である。朝には少し寒かった気温も日中になり暖かくなってきて、非常に過ごし易い天候。これで爆釣なら文句は無いが、こればっかりは仕方が無い。
やっと、小田代橋に到着。今回も、前回同様トレッキングの方達が非常に多い。
小田代橋の少し上流に入り釣り始める。しかし、ここでもルアーを追って来る姿を確認するも、なかなかフッキングまで持っていけない。 やはりキャッチアンドリリースなので徐々に擦れてきているのかもしれませんね。ここでは、同行のS氏が1匹釣り上げるもなかなか続かない。
ここも、諦め次なるポイントに。次は、小滝に直行。
運良く、小滝には誰も入ってなくS氏と入る事に。ここでは、足元に多数のブルックが溜まっている。近づくと逃げていくが、少しするとまた戻ってくる。やはり縄張りでも有るのでしょうか?
ここでは、ミノーにルアーを変更。ここでもやはり追って来る姿は多数見受けられる。
何投かすると、すぐ足元で30センチのブルックがフッキング。湯川ではなかなか見られない30センチオーバーのブルックなのだが、すぐ足元で掛かったので魚とのやり取りも無く難なくランディング。
ここでは、あと2匹釣り上げ合計5匹。
S氏は、小滝で4匹釣り上げ合計5匹。その中でも湯川では珍しいホンマスも1匹釣り上げている。既に1時半なのでここでUターン。帰る途中、青木橋で少し釣ったがアタリも無くそのまま帰る事に。 車に着いたのは午後3時頃。帰りのイロハ坂は見事に渋滞で更に疲れが…
しかし、湯川の景色は素晴らしいですね。やはり自然の中での釣りは最高です。


湯の湖 湯川はこちらから
尾びれがきれいなブルック 30cmオーバー