ハマーH2遂に登場
ハマーH2スピードメーター取り外し
ハマーH2バックカメラ取り付け
C1500新たな題材
C1500ブレーキランプバルブ交換
92年スピマス
  ・
  ・(略)
  ・
写真集
掲示板

湯 川


避暑地で釣行

8月26日。今日は、盆休みに1回しか釣りに行けなかったので、湯川に鬱憤を晴らしに行きました。果たしてスッキリしたのか、余計ストレスが溜まったのか?
今回のタックルは、ロッド:パームス Flame FGS−500。 リール:チームダイワZ 2506C。 ラインは4ポンドをセット。

今回は、S氏との釣行で。朝4時半に自宅を出発。今回はS氏に迎えに来てもらい、途中コンビニにより赤沼茶屋到着は、6時過ぎ頃。チケットを購入し湯滝駐車場到着は6時半頃。駐車場には、3台の車が止まっていたが釣ではない様子。 用意を済ませ、とりあえず湯滝の滝壺でやってみる。
やっと釣ったブルック しかし、まったく釣れない…一度だけルアー追ってきて、銜えたのですがフッキングせず。その後何投もしましたがまったく釣れる気配が無い。お盆休み明け1週目なので、連休中にイジメられて擦れてしまったのか?追ってくる姿も1度しか見ていない。
仕方なく湯滝は諦め、実績がある湯滝下のカーブでやってみる。しかし、ここでもアタリも無くルアーを追ってくる姿も見えない。粘ってみるがやはりダメなので、どんどん釣り下がって行く。一度だけ、10センチ無いぐらいのブルックが掛かったがバラシ。10センチ無い位なので、バレても何の問題も無い。
過去の実績ポイントや、今までやったときが無いポイントでもやってみるが、まったく釣れない。釣れないのでどんどん釣り下がって行き、とうとう小滝に到着。
小滝には、フライマンが一人ほど入っていましたが、見学しているとどいてくれました。早速小滝の滝壺でやってみる。小滝の滝壺ではライズが見られたり、ブルックが滝を登っている姿が確認できる。これは釣れるか?と期待しやってみるが、やはり他のポイント同様まったく釣れない。
本当にここまで渋いとは思っていませんでした。この時点でAM8:00になりますが、いまだ釣れず…小滝でしばらく粘ってみると、S氏が合流。S氏もまったく釣れてないようです。2人で小滝の滝壺を攻めてみるがまったく釣れず、私は小滝を諦め釣り下る事に。
小滝の少し下のちょっと広めになっているところで、待望のHIT!
湯川の景色 20センチくらいのブルックです。約2時間掛けてやっと1匹目をGET。これでボウズは無くなったと一安心。これから挽回するぞと思い、少しやる気が出てきた。
そして更に少し下の倒木のところでアタリが!明らかに引きや、ロッドのシナリがまったく違う。これはデカイと思い姿を確認すると、30センチオーバーのオレンジ色した姿を確認。このブルックは凄い!と思い慎重にランディング。足元まで持って来てランディングネットを用意し、ネットに入れる瞬間に最後の抵抗とばかりにもう一暴れ。するとフックが外れ大型ブルックはランナウェイ〜
この時ほど、バーブレスフックにするんじゃ無かったと思った事はありません。本当にショックで、しばらくボ〜っとしてしまいました。なんとか気を取り直して再スタート。もう一度同じ所を狙ってみるが、当然出てくるわけも無く違うポイントに。
徐々に調子が上がってきたのか、更に少し下ったところでHIT!今回もなかなかの引きで近寄って来た魚影を確認。なかなか良いサイズだが、ブルックではない様子。先程の教訓を活かし今回は慎重にランディングすると、ホンマスだ!!しかも顔がとがっていて、太っているカッコイイ姿。でも不思議なのは、30センチ近いホンマスなのにパーマークがくっきり残っている。ヤマメなのか? でも、前に湯の湖事務所の方がヤマメは居ないと言っていたので、ホンマスだと思うのですが、このサイズまで銀化しないとなるとヤマメじゃないか?と思ってしまいます。本当はどちらなのでしょう?
ホンマス このカッコイイホンマスを釣り上げたことで、さっきバラしたブルックのショックも少しは和らぎました。写真を撮るのはヤマメ系の魚が一番カッコイイですよね。パーマークもキレイですし、銀化してればピカピカの魚体で顔が鋭くなるので一番好きです。
その後も、どんどん釣り下がって行くが、その後がまったく釣れない。ルアーを追ってくる姿は確認できるがフッキングまで行かずUターン。小田代橋の少し上流部まで来たが、まったく釣れないのでS氏に連絡し釣り上がる事に。
少し上がりS氏と合流。S氏はいまだ釣れず話し合った結果、今度は下流部を攻めてみようと言う事になり車に戻る。この時点で、正午ぐらいです。車で赤沼茶屋まで行き、釣り始める。赤沼茶屋から入ってすぐの橋の所でブルックが溜まっているのを発見。 私のルアー、S氏のフライにもまったく反応せず平然としている。私は諦め釣り上がる事にするが、下流部は水草が凄くてルアーを泳がす部分が少ない。なんとか釣れる場所を探そうと上がって行くが、釣れる場所が無い。これはダメだと諦め最初の橋の部分に戻る。
S氏は、ブルックが溜まっているところで粘って2匹釣り上げる。もう少し粘ってみたがダメなので、ここで納竿。時刻はPM1:30です。
今日の釣果は、私2匹、S氏2匹ととても満足できる釣果ではないが、こんな時もあるでしょう。先日、戦場ヶ原で熊が出没したみたいで、至る所に張り紙がありました。湯川に行く時は十分気を付けてください。
奥日光なので、朝は半袖では寒いです。日中でも日陰の部分は涼しくて下の世界とはまったく気温が違いますね。上流部は日陰が多いので、まだ暑いこの時期でも気持ちよく釣りが出来ます。これで釣果が伴えば文句無いのですが…
今日のHITルアー 白スプーン/1匹  シルバーのスプーン/1匹


湯の湖 湯川はこちらから
水中撮影 湯川下流部