ハマーH2遂に登場
イグニッションコイル交換
  ・
  ・(略)
  ・

Benz E320ヘッドライト磨き

今回は、私のプライベートマシンのBenzW211のヘッドライトを磨きます。
どの車でもそうかもしれませんが、年月が経つとヘッドライドのレンズが曇ってきます。ガラス製のレンズならそんな事無いですが、樹脂製のレンズの場合は、雨や紫外線の影響で黄ばみや曇りが発生してしまいます。 私のも、酷くなってきたので直そうと思い、重い腰を上げました。

ヘッドライトのレンズを綺麗にする為に用意したのは、耐水ペーパーです。
コンパウンドでも良かったのですが、耐水ペーパーを掛けてしまった方が早いと思い、こちらにしました。#1000と#2000の2種類で、1枚づつあれば十分です。ホームセンターなどで50円くらいで売っているのでコストは100円程度です。
左の画像が現状の状態です。
夜での明るさは、それ程変わらないと思いますが、ちょっと見た目が悪いですね。レンズが曇っていると古臭く感じてしまいます。
まずは、ホースで水を出しっぱなしの状態で、#1000のやすりを掛けて行きます。
耐水ペーパーなので、水を掛けながら磨いてください。水がないとペーパーの目詰まりが起き、直ぐにペーパーがダメになります。
左の写真が#1000を掛けた状態です。上の写真と比べても、少しだけ良くなったのが分かりますね。 目安としては、曇りがペーパーの傷で無くなるまで掛けてください。
次に#1000のペーパーを掛けた要領で#2000のペーパーを掛けていきます。
#1000の傷がなくなるまで、根気良く磨いていきます。左の写真が#2000のペーパーを掛けた状態です。写真では分かり辛いですが、最初より格段に綺麗になったのが分かります。
この後に、ワックスやコーティングを掛けてやれば、終了になります。普段から、レンズにコーティングやワックスを掛けてやれば、この様な事象は起きないので、普段の手入れ次第ですね。