ハマーH2遂に登場
  ・
  ・(略)
  ・

ブレーキパット交換方法


このページは、クルマの各部分解手順を写真付きで解説したページです。
サービスマニュアル等と、違う所もあると思いますが、ご了承ください。

今回は、友人の車でブレーキパットの交換を行いましたので、掲載します。本当は交換する予定は無かったのですが、ドライブシャフトの交換する時にパットの残量が無い事が発覚!?
急遽、部品屋さんに行ってパットを購入してきました。
自分で交換する場合は、自己責任で交換してください。トラブルなどあっても責任は負いません。ご了承ください。


ページ 【1】 【2】
@ジャッキアップし、リジットラックを掛ける。
ジャッキで上げているだけでは、安定感が無いので安全の為、必ずリジットラックを掛けてください。
Aタイヤを外せば、ブレーキキャリパーが見えます。
B次に、パット上部のL型の棒に入っているピンを、プライヤーなどで引き抜く。
写真の番号1の○の部分に入ってます。
ピンを抜いたら、マイナスドライバーとハンマーを使って、写真の2の矢印の方向に棒を引き抜く。
これで、パットを外すことが出来ます。
C次にキャリパーのピストンを戻す訳だが、ピストン戻しの専用工具が有ればベストだが、個人で持っている人はあまり居ないと思うので、今回は裏技を使います。
あまり真似しない様にしてください。
写真のように、パットが付いた状態で、パットとローターの間にマイナスドライバーなどを入れて、抉ればピストンを戻す事が出来ます。この時に、ローターにキズを付けない様にしてください。
※ピストンを戻す時に、ブレーキフルードの残量を見ながら戻してください。ピストンが出てる分のブレーキフルードが、ピストンを戻す事によってリザーバータンクに戻ってきます。 ブレーキフルードは、ボディーなどに付着すると塗装などをはがしてしまいます。こぼした時は、ブレーキクリーナーか、大量の水で流してください。
D外したブレーキパットと、新品のパットの比較です。
パットの残量が殆ど無い事が分りますね。

ページ 【1】 【2】